総会

Vaトップのあすかからブログのバトンを受け取りました、元コンミスのやまだです。

そう、もう元がつくようになってしまいました。ついこの間まで毎日のように早稲フィルのみんなと会っていたのに、信じられないです。

12月27日、杉並公会堂にて、第77回定期演奏会を盛況のうちに無事終了することができました。足をお運びくださったみなさま、応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。この演奏会をもって、私たち40期は運営の代としての区切りを迎えたこともあって、お正月はどっぷりとその余韻に浸かっておりました。

しかし!年が明けた今月6日からは、もうすでに次の定期演奏会に向けた練習がスタートしています。私たちの一つ下、41期のみんながこれから一年間早稲フィルを引っ張っていくことになります。みんな頑張れ!!

というわけで私も感傷的になっていないで、このブログをちゃんと41期へ引き継がなければいけませんね。(更新が遅くなってごめんなさい。)

私たちは、定期演奏会が終わると毎回「総会」というものを開きます。これは、原則団員全員が参加するもので、幹事会からの話はもちろん、各トップや各係のチーフからのひとことも聞くことができます。ご来場いただいたお客さまからアンケートもドキドキしながら読みます。(ご協力いただきありがとうございました。)他にも、楽器の運搬や外報活動にたくさん協力した人が発表され、ときには景品までもらえる楽しいイベント(?)もあります。かくいう私もチケットを購入した枚数が多かったということでスタバのタンブラーをいただきました。それぞれ、係のみんなが一番大変なはずなのに、ご褒美まで用意してくれるなんて、本当に頭が下がります。

大所帯のサークルですから、運営していくにあたって、実にさまざまな係と仕事があります。そして学生オケとしては当たり前かもしれませんが、全員がそれらに携わっています。総会では、毎回そのことを強く実感させられます。事務的な連絡ももちろんありますが、それぞれがそれぞれの立場から、演奏会にかけた思い、今後後輩たちに考えていってほしいことなどを熱く語るのです。各トップ、各係のチーフ、というだけでかなりの人数が話をするので、それだけでもさまざまな考えや思いがあるのだとしみじみ感じますが、それでもやはり全員に話してもらうことはできないのが、仕方がないけれど、いつも惜しいなあと思います。

長くなってしまいましたが、最後にもう少しだけ。

40期のみんな、本当にお世話になりました。ここまで一緒にやってこれて、とても幸せな3年間でした。来年の卒団演奏会でまた一緒に演奏できる時まで、私も成長し続けたいと思います。そのときはまたよろしくね。

こうして清々しい気持ちで振り返えれるのも、39期をはじめとした先輩方が私たちを支えてくださり、そして41期42期が側にいてくれたおかげです。本当にありがとうございました。そして今後ともよろしくお願いします。

そんなわけで、そろそろブログをバトンタッチしようと思いますが、その前に次の演奏会の宣伝を。39期の先輩方の卒団演奏会です。

プログラムを見ていただいてもわかる通り、盛りだくさんでかっこいい演奏会になること間違いなしです!!ぜひいらしてください。

2018年3月17日(土) 開場:12:50 開演:13:30
横浜みなとみらいホール 大ホール
ブラームス
悲劇的序曲
チャイコフスキー
祝典序曲「1812年」
サン=サーンス
交響曲第3番「オルガン付き」
指揮:征矢健之介
井上圭子(オルガン)
チケット

1階指定席(2,3階席には入れません)
前売り券:800円
当日券:1000円

前売り券はe+(イープラス)で現在販売中です。
以下のリンクよりお買い求め下さい。
早稲田大学フィルハーモニー管絃楽団

※前売り券の販売は2018年3月16日(金)18:00までとなっております。
※当日券あり

それでは、お待たせいたしました、41期コンマスのみともくんにバトンタッチしたいと思います!みともっち応援してるよ〜📣

共有するTweet about this on TwitterShare on FacebookPin on PinterestShare on TumblrEmail this to someone